設 置 事 例
トップ ページ 
組織の紹介 
松枯れ対策 
ナラ枯れ対策 
予定&日記 
活動の記録 
ニュースリリース 
資 料 室 
掲 示 板 
お問い合せ 
会員の部屋 

 

原理・試験結果設 置 事 例Q & A研究・開発

全国の松護郎設置事例


松護郎の主な設置状況をお知らせします(個人庭園等は除きます)

鹿児島県頴娃町瀬平公園・秋田県象潟町・佐賀県樫原湿原
九州電力玄海原子力発電所、川内火力発電所、舞鶴荘・岐
阜県花フェスタ公園・熊本県球磨川山林・熊本県矢部町県
指定天然記念物「唐傘の松」・千葉県成東町南郷小学校
香川県郷照寺・岐阜県可児市・兵庫県武庫の台GC・山梨市
厚生病院・愛知県東谷山フルーツパーク・岐阜県永保寺庭園

      
   其の他最新情報が入りましたらお知らせします。
 
   あっ 巨大ゴキブリだ! いいえ 「松護郎」です!/鹿児島発


松の幹にしがみつくように取り付けられている「松護郎」。松枯れ防止の新兵器だ



乾電池の電流を流しマツクイムシの増殖を抑える



マツクイムシの被害で茶色に変色、垂れ下がった松葉(福岡市西区生の松原で) 

  ◆ 1万8000ボルト放電

       農薬使わず被害防止 ◆

 松の幹に取りつく巨大なゴキブリ? 実はこれ、松の立ち枯れの原因といわれるマツクイムシ(マツノザイセンチュウ)の被害から守る新兵器、その名も「松護郎(まつごろう)」。

 マツクイムシの被害が深刻な松林の中で、落雷を受けた木だけ枯れずに生き残ったという話をヒントに、電気が被害防止に役立つのでは――と考えた九州電力が九州大農学研究院造林学教室と協力して研究。エイリツ電子産業(本社・福岡市)が六年がかりで製品化にこぎつけた。

 同社の設計担当者によると、松護郎は幹に電気(一万八千ボルト、三十ミリ・アンペア)を一時間おきに流してマツクイムシの増殖を抑える。乾電池で約一年間、効果が維持される。

 これまでに、九電の川内火力発電所(鹿児島県川内市)など四か所の松林の二百八十本に計三百五十台の試験機を取り付け効果を確認した。
 従来のヘリコプターによる空中からの農薬散布と違って、周辺住民への健康被害がなく環境にもやさしい利点があり、「見かけは変だけど、これが二十一世紀の松林を救うと信じてます」と期待を込めている。

   (2001/01/26 読売新聞西部本社夕刊掲載) 
 

体長約0.5ミリのマツノザイセンチュウ(顕微鏡写真)


[原理・試験結果][設 置 事 例][Q & A][研究・開発]

Copyright(c) Matugare-Network Hyogo. All rights reserved.