■ 活 動 の 記 録 ■


HOME最新の日記へタイトル一覧検索
京都の寺院で、環境にやさしい樹勢回復工法「樹木クリーニング」が行われました。 
2008年10月28日(火)
katudukiroku-HP.jpg 600×480 70K
京都の寺院で、環境にやさしい樹勢回復処置「樹木クリーニング」(土壌改良含)がシダレザクラ2本に実施され、全国各地からボランティアの参加もあり完了しました。(外国の方も参加され国際色豊かに行われました。)


近畿樹木医会研修会で姫路城好古園に設置した「松護郎」の説明をしました。 
2008年10月25日(土)
jyumokuiHP.jpg 600×480 86K
10月25日から2日間、兵庫県播州地域で開催された「近畿樹木医会研修会」で姫路城好古園アカマツに5年前設置された、環境にやさしい松枯れ予防装置「松護郎」の設置状況等詳細を説明しました。


長野県小諸市で「松林防除実践講座」が開催され、「松護郎」がデモで紹介されました。 
2008年09月26日(金)
katudounokiroku.jpg 600×480 70K
9月25日〜26日の2日間、(財)日本緑化センター主催の「松林防除実践講座」が開催され、「松護郎」が松を護る一つの方法としてデモンストレーションで紹介されました。
当日は、100名以上の方が参加者され、松枯れ予防ネットワーク関係30名の皆さんも熱心に受講されていました。(写真は、当日の会場風景です。)


姫路城公園「好古園」の松枯れ予防装置「松護郎」5年点検にボランティアで参加。 
2008年05月30日(金)
grp0607125939.jpg 500×550 65K
姫路城公園「好古園」に5年前設置された環境にやさしい松枯れ予防装置「松護郎」の5年点検が実施され、姫路城をバックに、夜にはホタルの飛び交う庭園で4名のボランティアが参加し配線確認、固定部再結束、機器確認、電池交換等を行いました。
今後、5年間電池交換のみで大切な松を護り続けます。


姫路市の老舗旅館裏庭のアカマツ(樹高20m)の樹勢調査を実施。 
2008年04月15日(火)
katdounokirokukeiji.jpg 500×430 45K
兵庫県姫路市の老舗旅館裏庭のアカマツ(樹高約20m)の樹勢調査を実施、ボランティア会員4名が参加。(枝のサンプル採取が大変でした。)
枝がれが進行し、枯損、倒木すると建物等に被害が及び危険なので、衰退原因とその対策依頼があり、脂滲出検査、枝採取サンプルでのマツにザイセンチュウ抽出検査(ベールマン法)、周辺環境調査を実施、調査時点でのマツノザイセンチュウは抽出されず、脂滲出もAランクであり、状況から「葉ふるい病」による衰退と判断し、処置方法と、近接してマツ材線虫病病による枯損木が見受けられるため、枯損木の処置、松枯れの予防方法もアドバイスしました。