■ 活 動 の 記 録 ■


HOME最新の日記へタイトル一覧検索
「こども樹木博士に挑戦しよう!」と兵庫県稲美町いなみ野水辺の里公園でイベントが開催されました。 
2009年11月01日(日)
grp1101162159.jpg 600×500 59K
11月1日10時から5才以上の子供とそのご家族を対象に「こども樹木博士に挑戦しよう!」のイベントが開催され、子供達に葉っぱや木の特徴を覚えていただき、クイズで木の使われ方などのゲームを楽しみながら木の名前を覚えていただきました。
ハート型でおしょう油のにおいのする葉っぱの木は「○ツ○」、トトロが住んでいた木で葉にダニ部屋のあった木の名前は「○ス○キ」でした。忘れないでね!参加いただいたども達へ
最後は、採取した葉っぱと枝を見て名前を書いていくテスト、難問でしたが11問、全問正解の初段から4級まで「子ども樹木博士」が誕生しました。
(当日、お手伝いさしていただきましたが、子供達の観察力、覚えのすごさに改めて感動しました。)

開催場用 兵庫県加古郡稲美町岡1840−1 稲美町立いなみ野水辺の里公園


兵庫県の最高峰、氷ノ山で開催された兵庫県樹木医会の研修会に参加しました。 
2009年10月25日(日)
grp1025182251.jpg 600×500 61K
10月24日、25日の2日間兵庫県の最高峰、氷ノ山(標高1510m)に登山、自然ブナ林、自然スギ林等々、自生する固有のヒョウノセンカタバミ等の高山植物を観察し、きれいな紅葉を満喫しました。
年々減少する自然ブナ林、標高600m地点でのミズナラのナラ枯れ被害木等々、登山を等して改めて自然環境を護る難しさを実感しました。
(当日は、松枯れ予防ネットワークから3名の樹木医が参加しました。)


環境をテーマにした講演活動を展開し好評を得ています。 
2009年10月13日(火)
環境教育から環境ビジネス、環境にやさしい農業等々、小学生から大人の方々までを対象に実践事例を紹介しながら「わかりやすく楽しい環境セミナー」を各地で開催しています。

(ご要望がありましたらメールにてお問い合せ下さい。)
grp1018095730.jpg 600×450 40K


ナラ枯れ予防の最前線を見学させていただきました。 
2009年10月09日(金)
hp-1.jpg 600×450 86K
10月8日、9日の2日間、京都でナラ枯れ対策、予防の最前線での実情を見学させていただきました。
全国規模で被害が発生しつつある「ナラ枯れ」の対策で最新技術を駆使して予防、防除にあたられている現場を見学させていただき、その内容についてご説明をいただきました。
この内容は、今後のナラ枯れ予防の実践に活かしていきます。
(当日、ご指導いただきました関係者の皆様有り難うございました。)


「申しわけないという気持ちから感謝の気持ちに」・・・・松枯れ調査で礼状が届いています。 
2009年10月04日(日)
ほとんど毎日のように松枯れ相談メール、調査依頼がきています。
私たちは、松を護る活動をしていますが、時には助けられない場合の調査にも立ち会います。
今回の手紙の松は、既に全体が赤茶けており、誰の目にも枯れていると映る松です。
訪問すると、この松に「奇跡がおきる」と毎日、おばあさまが水をかけておられました。
 
事情をお聞きすると「隣の火災の時にも枝を焦がして家を護ってくれた大切な松だ」と、ご家族の思い入れが大変強い案件でした。
最新の技術と心の対応で、護れなかった松をご家族の心の負担から少しでも軽減させていただいた事例です。
 
届いたお手紙を紹介します(画像をクリックすると拡大されます)。
 ※お手紙を励みに頑張りたいと思います。
 
松枯れ予防ネットワーク 事務局
matugare-reijyou0002.jpg 474×671 128K